カードローンの審査3条件について

ローン審査の調査項目は3つ

消費者金融や銀行のカードローンの審査内容は、基本的には下記の3つです。
信用情報調査、属性調査、在籍確認です。
他にも審査される項目はあるのですが、大きく限度額や金利の審査結果に影響があるのがこの3つとなります。

信用情報の審査

この中で一番最初に審査されるのが信用情報調査です。
これは、個人信用情報機関に申込み者の情報を照会してこれまでの取引状況の確認が行われます。
ここで分かるのが、他社での返済状況や過去の借り入れ履歴です。
他社の取引状況は借入額や次回返済期日などが分かります。
返済期日から大幅に遅れていると、他社の返済をするために借りにきているなということが判断できます。
そして何社から合計いくら借りているかも判明します。
年収の3分の1以下の規制が消費者金融にはありますので、この時点でオーバーしていると過剰融資になります。
また、オーバーしていなくても借り入れ件数が多すぎると多重債務者とみなされてしまいます。
もちろん過去に債務整理や破産をしている方は借り入れができないです。

個人属性の審査

属性調査とは、勤続年数や年収、職業、年齢、住居などのことです。
一般的に正社員としての勤続年数が長ければ属性がよいとみなされて限度額が高く出る傾向にあります。
頻繁に転職を繰り返していると、安定した収入がないとみなされてあまり大きい限度額はでにくくなってしまいます。

在籍確認審査で完了

信用情報調査、属性調査が問題がなければお勤め先に在籍確認をとって審査結果がでます。
審査はすべての項目がクリアしていないと融資が受けられれないです。
在籍確認がとれたとしても信用情報調査がダメであったら借り入れはできないのです。
また、頻繁にカードローンの申し込みはしないことです。
申込みブラックとなります。