専業主婦でもカードローンで借りることは可能なのか

カードローンの貸し付け条件

カードローンとは基本的に無担保で融資をしてくれるサービスで、必要となってくるので本人の確認、それに伴う貸し付けた後に利子を付けて返すことができるのかということを知るために個人情報のチェック、それらに通ればサービスを受けることのできるカードが発行されるのです。それゆえもっとも必要なことは、一定の収入があるかどうかという点、さらには過去の信用情報、すなわち現在の借金の額や返済の遅延、破産などをしていないかということを調べられるのです。

専業主婦はお金を借りるだけの信用があるのか?

それでは一定の個人収入のない専業主婦にカードを作ることができるのかといえば、一部は可能となっています。既婚者で夫に一定の収入があり身元保証人となれば問題がありませんし、最近はキャッシュカードにローンがセットとなったものも発行されますので、そちらで可能となることもあります。さらには家族カードというものもあって、名義上は妻のものですが、支払いは夫が請け負うということもあり、方法はいくつかあるのです。

本当に返せるかどうか、本人の見極めも大切

しかしながらカード一枚で簡単に金銭を手に入れられるサービスですが、これらは間違いなく借金であり、利息というものが付きます。実際に現金で支払われることがないのでイメージに乏しいものがありますが、銀行の利子にくらべて何十倍にもなるので、安易に考えていると利息だけで元金を超えてしまうことがあります。特に主婦で心配になるのが収入源がないことで、返済が追いつかず、返すために新たなカードを作ってと、雪だるま方式に借金を増やしてしまうこともあるのです。いざという時には便利なものでありますが、使い方に気を付けないと自分の首を絞めるどころか、家族に迷惑がかかることも出てくるのです。