銀行カードローンのメリットを検証

銀行カードローンと消費者金融の違いを検証

公園のベンチの上の人形の親子カードローンを申し込みをする場合には、銀行カードローンはさまざまなメリットがあります。
審査スピードの面でいえば消費者金融のほうが早く最短即日で借り入れができます。
銀行のカードローンとなると消費者金融と同じく最短即日で審査結果がでるのですが、書類のやりとりや郵送等があるため申込みをしたその日に借りることができるローンは少ないです。

有利なのは金利面での優遇

融資までのスピードでいえば消費者金融に負けてしまうのですが、金利に関しては断然銀行のほうが低いです。
消費者金融の場合は、ほとんどの商品が18%と法律で決められている上限金利と同一の金利です。
銀行の場合は、高くても14.6%ですので断然低い金利で利用ができます。

限度額の大きさも魅力

また限度額についてです。
消費者金融の場合は、総量規制がありますので年収の3分の1以下までが最大で借りいれできる範囲です。
年収300万円の方は最大で100万円までしか借りられないことになります。
銀行のカードローンの場合は、貸金業法が適用されないので総量規制は関係なく年収の3分の1以上の借入をすることももちろん可能です。
大きい限度額が利用できてさらに低金であることが特徴です。

審査は提出書類が少ないものの厳しめ

また、審査の際の必要書類ですが運転免許証や健康保険証があれば申し込みできます。
収入証明書も原則不要です。
300万円や500万円といった高額の限度額の希望者は慎重審査となりますので、その場合は必要ですがそれ以外は原則不要で申し込みができます。
契約ができましたら、その銀行のATMでカードが利用できるだけでなく全国の提携している金融機関のATMでもカードが利用できますので、全国どこにいても返済や借入が自由にできる銀行カードローンとなっています。