体験談:40代独身男性がキャッシングで失敗したこと

不況でも金銭感覚を修正できなかったのが原因

雨上がりに独りで立つ人形私は40代の独身会社員ですが、昔から金銭感覚に乏しく、無駄づかいを繰り返していました。
会社員とはいっても給料は安かったので、毎月毎月ギリギリの生活で、ボーナスだけはかろうじてためていたのですが、業績不振のあおりをうけてボーナスすら支給されなくなってしまい、また、そんなときでも生活が切り詰められなかったので、ついに手持ちのクレジットカードのキャッシングに手を出してしまいました。

自転車操業が始まったのに気付いていませんでした

キャッシングは最初、一括返済で1万円だけ借りたのですが、翌月の支払い日にその1万円を用立てられなかったので、同じカードでもう1万円借りて、それを支払いにあてました。
当然一か月分の利息は発生しましたが、缶ビール1本買えるくらいの微々たる金額だったので、それほど気にしませんでした。
しかし、その後も私の浪費癖はとどまるところをしらず、毎月の借入額は1万円から2万円、3万円と増えていき、しまいには毎月利用枠の半分を借り、返済時にはもう半分を借りて返済にあてる、といった自転車操業状態になってしまいました。

利息が膨れあがったときには後の祭り

それだけでなく、最初は缶ビール一本分程度だった毎月の利息もしまいには毎月数千円になってしまい、何も対価を受けていなくても自動的に毎月数千円しはらわなければならないという、大変不本意な自体となってしまいました。
やりくりに困ったので、結局今まで使用していなかった、別のクレジットカードを利用して、それを返済にあてるといった、最悪の自体を迎えてしまいました。

40代にもなって両親にも迷惑を掛けてしまいました

結局、実家の両親に相談をしてお金を貸してもらえることになり、それを元に全て返済しましたが、そのおかげで実家の両親からはすっかり信頼されなくなり、また実家への返済のため、家賃が安い住居への引っ越しを余儀なくされ、いまではお酒も呑まず、質素倹約につとめています。
今ふりかえると、苦しくてもキャッシングだけは手を出すべきでなかった、と反省することしきりです。